Muzik.jp

アーティスト
戻る

Soraia
ソライア

個人的成長。再生。革命。

これらの変化に関する原則は、Soraia(ソライア)が何であるかの中核となる。アルバム「Dead Reckoning」(デッド・レコニング、2017年)、「Dig Your Roots」(ディグ・ユアー・ルーツ、2020年)、シングル「Tight-Lipped」(タイト・リップド、2021年)、そして2022年にリリース予定のアルバム「Bloom」(ブルーム)では、このような贖罪をテーマとしている。

2016年にニューヨークにあるガレージロック中心のLittle Steven Van Zandt(リトル・スティーブン・ヴァン・ザント)によるレーベルWicked Cool Records(ウィケッド・クール・レコード)と契約を結んだ。そのレーベルから初アルバム「Dead Reckoning」(デッド・レコニング)をリリースして以来、Soraia(ソライア)は、ツアー、成長、進化を続けてきた

*Little Steven Van Zandt(リトル・スティーブン・ヴァン・ザント)= Little Steven(リトル・スティーブン)としても知られているSteven Van Zandt(スティーブン・ヴァン・ザント)は、アメリカのシンガーソングライター、ミュージシャン、プロデューサー、俳優、活動家、作家。彼はBruce Springsteen(ブルース・スプリングスティーン)のE Street Band(Eストリートバンド)のメンバーとして最もよく知られており、彼はギターとマンドリンを担当した。

_42A8252-small

全米とヨーロッパ(スウェーデン、スペイン、ドイツ)でライブ活動。猛烈にライブを重ね、ラジオによるプロモーションも功を奏してファンを集めてきた。

_42A8351-small

Soraia(ソライア)の女性ボーカル兼バンドリーダーZouZou(ズーズー)は、Patti Smith(パティ・スミス)やJoan Jett(ジョーン・ジェット)など象徴的なロックの女王の精神的な子孫と呼ばれる。フィラデルフィアを拠点とするバンドの音楽は60年代のガレージ・ロックやソウルを少し彷彿させ、PJ Harvey(ピージェイ・ハーヴェイ)やThe Kills(ザ・キルズ)など90年代以降の精神をモットーとする。愛、喪失、手放すことの辛さ、そして耐えることの大切さについて音楽を通してメッセージを広めた。

my_sharona_cover_soraia_jp-500px

シングル「My Sharona」(マイ・シャローナ)は、The Knack(ザ・ナック)の人気曲の荒々しいカバー。ストックホルムでのツアー中にスウェーデンのプロデューサー Sören Sulo Karlsson(ソレン・スロ・カールソン)によってレコーディングされた。2022年1月28日にリリース。

The Knack (ザ・ナック)は、1978年~1981年に活躍したロサンゼルス出身、4人組のロック・バンド

「灼熱のギター、燃えるような魂、そして真のCBGBの荒々しさ。Soraia(ソライア)は顔に石があたるようなロック!」
-David Fricke(デービッド・フリック)、編集委員、Rolling Stone (ローリング・ストーン)誌

*CBGB(シービージービー、Country, Blue Grass, and Bluesの略)は、1973年開業、ニューヨークのマンハッタン区にある有名なクラブ(ライブハウス)。もともとは店名にあるような音楽を中心としたライブハウスだったが、その後ラモーンズ、パティ・スミス、トーキング・ヘッズなど、アメリカのパンクバンドやパンクに影響を受けたバンドが出演するようになった。

_42A8728-small

試聴・音楽配信

アーティスト・ページ
Spotify
Apple/iTunes
Amazon
LINE Music
YouTube Music
kkbox
AWA
music.jp
Deezer
Tidal

リンク

日本語版HP
公式HP
YouTube
Facebook
Twitter
Instagram

連絡

メール

QRickit-TMJ